シェアハウスでの間取りに関するいろいろなこと

   

シェアハウスは特に東京や大阪などの大都市圏で人気を博す居住形態です。ダイニングとキッチン及び浴室さらにトイレは共有で使用することから、その使用料を低く抑えることができます。また住民票などもその地に移すことが可能であり、生活に困ることはありません。
一方でプライバシーの問題もあって、ある程度は周囲の目を気にしながらの生活を送るようにはなります。物資、特に生活必需品や食料品など、素材関係や調味料などは、その利用に関して一定のルールを設けておかないと、利用する人は大いに利用をするのに利用をしない人は全然利用をしないなど、同じ金額費用のルールの場合は不公平感が増してしまい、気まずくなったりけんかをしたりする原因になり得ます。

シェアハウスの間取りはあらかじめ確認すること

これからシェアハウスの利用をしたいと思うときには多角的に考える必要があります。特に他の居住者もいるわけですから、間取りの確認は欠かせません。プライベート空間の確保を考える場合にはこのタイプの居住はあまりおすすめとされない場合もあるため、この居住空間が自分にとって居心地がいいかどうか、よくチェックし考慮してから決めることが大切になります。
実際の生活を考えてみることも重要です。同じ時間帯にみんながいるような場合は、たとえば共有部分の利用について困ることがあり得ます。また清掃などのルールについても事前の確認が欠かせません。利用する上で気になってくるのは、共有物品の調達です。人数が多いところの場合はそのルールの遵守などでもめるのではないかと不安に思うこともあるかもしれませんが、ルールがしっかりとしているところであればそれほど問題はおこりません。ですから入居を検討するときにはルールも必ずチェックするようにしましょう。

間取りで狭いなと思うときもある

借りる際には実際に生活をするイメージを持ってそこで大丈夫かどうかを見極める必要があります。そこで時間を過ごす上で不自由さを感じてしまい、ストレスになるようでは意味がありません。いくら他の賃貸物件よりも安価であるとは言っても、日頃いる拠点となる住居部分で困ってしまうようなことが多いと、日常生活に支障が出ます。ひいては仕事などへのモチベーションの低下につながりかねません。
その場所での生活が自分にとって合うかどうかをしっかりと確認します。仮入居ができるところであれば数日程度仮生活をしてみるのも手です。また日常品などの購入で不公平感が出るようなルールになっているときには、そこを避ける工夫も必要になります。総じて自分が住みやすいかどうか、生活をしたい場所かどうかを見極めることが重要です。

ピックアップ記事

シェアハウスを始める際にルールを決めることが重要

シェアハウスを始める際に、何よりも大事なのはルールを決めることです。もしルールを決めずに共同生活を始めた場合どうなるでしょうか。共同生活では全く見知らぬ人たちがともに生活を行う必要があります。もちろん...

プライベートスペースが確保できるシェアハウス

最近では若い世代の方に人気があるシェアハウスですが、単純にその意味を言えば住む家を分け合うということになります。近頃世間ではよくシェアするという言葉が使われていますが、家をシェアするという場合は、必ず...

シェアハウスでの間取りに関するいろいろなこと

シェアハウスは特に東京や大阪などの大都市圏で人気を博す居住形態です。ダイニングとキッチン及び浴室さらにトイレは共有で使用することから、その使用料を低く抑えることができます。また住民票などもその地に移す...