プライベートスペースが確保できるシェアハウス

   

最近では若い世代の方に人気があるシェアハウスですが、単純にその意味を言えば住む家を分け合うということになります。近頃世間ではよくシェアするという言葉が使われていますが、家をシェアするという場合は、必ず他人と24時間いっしょに暮らすという意味ではありません。そこには当然のことですが、プライベートな空間というものもあります。
基本的には部屋は自分だけの部屋であり、その他の共有スペース、たとえばリビング、キッチン、トイレ、お風呂などは共同で使うというスタイルが多いです。そのためシェアをすると言っても、一人だけになりたいという時には自分の部屋で寛ぐこともできますし、他の人と話がしたいと思ったときにはリビングへ行けば、そこには愉快な仲間たちがいます。これが新しい住まいの形です。

家をシェアすればワンルームマンションよりも家賃が安く済む

シェアハウスでは何人かの居住者と同じ家の中で暮らすわけですが、その中には外国の人も多く、そこで異文化交流が楽しめる場合もあります。特に英語圏の外国の人ならば、ネイティブスピーカーの英語を直に聞けるわけですから、英語習得を希望する人には最適でしょう。実はこうした理由で住まいを探している学生さんやOLさんも少なくありません。
家をシェアする魅力はそれだけではありません。やはりどんな場合にも借り住まいには家賃というものが発生します。ワンルームマンションならば、土地柄から手の届かないほどの高い家賃であることも往々にして考えられます。しかし、シェアをすれば家賃は安く済みます。特に学生さんならば学費などもあり、仕送りだけではどうしても厳しいでしょう。そういうときにこうした住まいは本当にありがたいものとなります。

共同生活をする上では自分だけの時間を確保することが大事

生活にはやはりプライベートというものが必要です。これがなければ知らず知らず毎日の暮らしの中でストレスを蓄積してしまうことにもなりかねません。現代社会はストレス社会と言われるだけあって、ほとんどの人は仕事などでストレスを溜め込んでいることがあります。こうした状況は身体に良くありません。
家をシェアするときでも、このプライベートスペースというものはとても大きな意味を持ちます。確かに仲間とともにワイワイやるのは楽しいことですが、他人といっしょに生活するというのはとても難しいことでもあります。このことは共同生活をする上では常に考えておくことも必要でしょう。一番は、自分だけの時間というものを確保すること、これがシェアハウスで暮らすときには重要なことでしょう。

ピックアップ記事

シェアハウスを始める際にルールを決めることが重要

シェアハウスを始める際に、何よりも大事なのはルールを決めることです。もしルールを決めずに共同生活を始めた場合どうなるでしょうか。共同生活では全く見知らぬ人たちがともに生活を行う必要があります。もちろん...

プライベートスペースが確保できるシェアハウス

最近では若い世代の方に人気があるシェアハウスですが、単純にその意味を言えば住む家を分け合うということになります。近頃世間ではよくシェアするという言葉が使われていますが、家をシェアするという場合は、必ず...

シェアハウスでの間取りに関するいろいろなこと

シェアハウスは特に東京や大阪などの大都市圏で人気を博す居住形態です。ダイニングとキッチン及び浴室さらにトイレは共有で使用することから、その使用料を低く抑えることができます。また住民票などもその地に移す...